JASRACは来なくていいです

JASRACの新理事長である浅石氏が恐ろしい発言をしたことで激震が走っています。
何と、漫画や小説の著作権管理業にも手を出す意欲を強く打ち出しているのです。

著作権管理によって著作者を保護するという業務を否定するつもりはありません。
が、JASRACの金銭徴収のやり方は常軌を逸していると言わざるを得ません。
カラオケボックスや音楽教室を訴えて法外な金銭を搾り取るようなやり方により日本は街角に音楽が溢れる国ではなくなりました。

個人的に一番邪悪と思っているJASRACのやらかしは、携帯着メロ全盛期にJASRAC管理でない曲、オリジナル曲まで手を伸ばして金をとろうとしてネット上のほぼすべてのMIDIを全滅させたという大事件です。
これにより日本のDTMは完全に死亡、その復活には初音ミクの登場を待たねばなりませんでした。

重ねて言いますが、著作権管理の必要性を否定はしません。
が、街角のみならずネットからも豊かな音楽が消え去り、日本の音楽文化は作り手・買い手ともに衰退させるやり方が何からくるかと言うと・・・お金を借りるとき!あなたが知らない3つのポイント!

「寡占企業の傲り」だと私は考えます。

JASRACが音楽の外にまで手を伸ばすのは、文化の豊かさのためにあるべき姿からは逆行していると言わざるを得ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です