月別アーカイブ: 2015年11月

派遣法改正、本当にそれでいいの?

最近は、安保法案がメディアで大々的に取り上げられたおかげで、今まであまり興味のなかった政治にもきちんと目を向けた方がいいなと感じました。なぜなら私は普段、派遣社員として企業で働くことがあります。しかしここ数年、知らない間に派遣法も変わっており、改正後の内容がいささか理解しがたいものになっているからです。

実は今まで短期単発でできた仕事も、できなくなってきてしまいました。前々回の法改正で、本人もしくは家族・世帯の年収が500万円以上ないと日雇い派遣にはエントリーできなくなりました。どうしても働きたい場合は、収入証明書や源泉徴収書を提出する必要が出来てしまったのです。そもそも500万円以上というと現在の日本ではなかなか良い方の年収になると思います。

短期単発の仕事は、事情があって長期の仕事ができない人や、生活に余裕のない人やフルタイムで働けない人がエントリーできる就労の機会でもあったはずです。法改正の時にパブリックコメントも募集していたのかどうかも怪しいし、新しくできた派遣法も何をしたいのかがよくわからない内容になっています。前回の派遣法改正ではパブリックコメントを募集していましたが、たったの三日間だけでした。そんな短い時間で一体どれだけの意見を集めることが出来るのでしょうか。働きたい人に様々な形での機会を与えるのが、正しい政府のあり方だと思います。ですが、最近の首相は、困っている外国には物凄い額のお金を援助するのに、国内に対しては見て見ぬ振りのひどい対応をしているような気がします。福島原発のことや、今もなお避難所暮らしをしている東北の人たち、先日の大洪水で家をなくした人など、きちんとケアされているのでしょうか?天災の多い国で、未だにとても低い食料自給率のままで良いのでしょうか?

とても疑問に思えることがたくさんありますので、益々政治や政治家からは目を離してはいけないと感じています。そして流れがおかしな方向に向かった時には、我々国民も躊躇なく「待った!」と言っていきたいと思います。カードローン審査基準